お手入れ不要で汚れしらずのカーコーティングって知ってる?

Car coating

ワックスからカーコーティングの時代へ

レトロな車

カーコーティングとワックスの一番の違いは、主成分が違います。
カーコーティングはシリコンやフッ素などを含んだ高分子重合体でできており、車のボディーに塗ったときに化学反応がおこり、分子と分子が結合して被膜を形成します。密度が高い被膜なので色々な汚れから守ってくれます。耐熱性や耐候性もワックスから比べると高い性能を持っています。効果の方も三ヶ月から一年と長い間持続します。ワックスは石油系の溶剤などで構成されているので油でできています。ワックスを車のボディーに塗ると艶々しく見えますが実は被膜は不安定な半液体が車のボディーに乗っているだけです。
なので雨や洗車などで主成分は簡単に流れてしまい、残った成分のロウが角質化して水垢の原因になっていさいます。耐熱性の低いので、すぐに蒸発してしまい、持続期間は約一ヵ月程度といわれております。
今までは車の美しさを保つのにはワックスが必需品でしたが今では塗装を傷めたり、水垢の原因になったり、ウィンドガラスの油膜の元になったりとデメリットが目立つようになってきました。カーコーティングは分子的な結合を持つ被膜なのでワックスがもつデメリットなく車の塗装を守ってくれます。

CONTENTS